IPL脱毛の仕組みについて説明しましょう。

 

IPL脱毛とはIPL、つまり「Intense Pulsed Light インテンス パルス ライト」という光を利用した仕組みの脱毛方法です。

 

体毛は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返しながら発毛して抜け落ちていくのですが、IPL脱毛の効果が出るのは成長期にある体毛だけです。成長期を過ぎて退行期に入っている体毛はIPL脱毛の対象にはなりません。

 

IPL脱毛はムダ毛をカミソリなどで剃ってから行います。カミソリで剃ったあとIPLを照射していきます。

 

IPL脱毛の機器はIPLの光を集約してその光エネルギーをムダ毛に伝えます。ここがIPL脱毛の仕組みのポイントなのですが、光が集約されてムダ毛に当たるとムダ毛の温度が一瞬で上がります。

 

温度でダメージを与えられたムダ毛には栄養が届けられなくなります。栄養を受け取れないのでそのムダ毛はそれ以上成長できず、最終的に老廃物として毛穴から押し出される形で抜けていきます。

 

その毛穴では次の毛が作られますがそれまでより細いものが生えてきます。そしてIPL脱毛を何度か定期的に繰り返すうちに再生が抑えられるようになります。

 

IPL脱毛の仕組みは以上のようなものです。

 

IPL脱毛の仕組みはIPLという光の熱を利用しているわけですが、IPL脱毛の光でダメージを受けるのは基本的に体毛に限られます。肌へのダメージがあるのでは、といった心配はありません。

 

ところで、IPL脱毛の仕組みとしては黒い色に反応するようになっています。この仕組みのため、ほくろがある部位など皮膚の状態によってはIPL脱毛は避けなければならないケースがあるので注意が必要です。





カテゴリー : 脱毛について